租税訴訟学会  
租税訴訟学会 コンテンツインデックス
租税訴訟学会 トップページ租税訴訟学会 サイトマップ租税訴訟学会 プライバシーポリシー
租税訴訟学会 インフォメーション
租税訴訟学会 活動報告
租税訴訟学会 会員サポート
租税訴訟学会 会員サポート
  会員専用ページ
租税訴訟学会 リンク
租税訴訟学会 お問い合わせ

租税訴訟学会 専門法律会議室


租税訴訟学会 グーグルロゴ


WWW を検索
本サイト内を検索

※PDF資料をご覧になるにはAdobeReaderが必要です。

 

過去の活動報告

平成15年平成16年平成17年平成18年平成19年平成20年平成21年 | 平成22年平成23年平成24年平成25年

 

平成25年

1月25日(金) 第39回研究会 「弁護士・税理士の必要経費〜会務活動に関わる経費を中心として」 牛嶋 勉 氏
2月1日(金) 2月租税判例研究会 「会社の代表取締役がその内容を全て決めた、参加を事実上強制された慰安旅行に従業員が参加すると、旅行代金が従業員の所得(給与)になるのか?」 青木康國先生
坂本正幸先生
木村祐司先生
3月30日(土) 中四国支部総会及び講演会

「税法分野における納税者の救済方法」 −取消訴訟と国家賠償訴訟との関係−
「消費税の理論と体系」 −実務の難問を理論から解明する−

横山 和夫 先生
志賀 櫻 先生
6月1日(土) 東北支部研修会 「国税通則法の改正経緯」
「TAINSの情報公開法におよる最新情報!「税務調査手続」」
青木 丈 先生
朝倉 洋子 先生
6月3日(月) 第40回研究会 「臨時特例企業税の最高裁判決を検証する」 −最高裁、平成25年3月21日判決より− 金子友裕 先生
7月2日(火) 名古屋支部 研修会 「弁護士・税理士の必要経費〜会務活動に関わる経費を中心として」 牛嶋 勉 先生
7月4日(木) 横浜支部研修会 「国税徴収法を斬る!」 パネラー:黒木 勉先生、 関谷 隆先生
コーディネータ:角谷啓一税理士
7月27日(土) 中四国支部 研修会 「国税通則法の改正経緯」
「事例でみる税務調査立会いにおける論点の検討」
「弁護士的発想による税務調査への対応」
青木 丈 先生
山本守之 先生
青木康國 先生
8月10日(土)
8月11日(日)
夏期研修 「我が国の消費税が抱える諸問題と今後における課題」
「消費税の争訟事件について」
「消費税の実務上の留意点−法令、通達、取扱い等における諸問題や疑問点の検証−」

山本守之 先生
山下清兵衛 先生
都築 巌 先生

9月4日(水) 名古屋支部研修会 「固定資産税の違法賦課と国家賠償請求」 山下陽子 先生
9月5日(木) 第41回研究会 「役員退職給与の論点を検証する」 山本守之 先生
朝倉洋子 先生
藤曲武美 先生
10月19日(土) 税務情報交換会    
11月29日(金) 名古屋支部総会・研修会 「消費税の成立過程からみた諸問題と今後における課題」 都築 巌 先生
12月3日(火) 第42回研究会 「国税不服審査制度の改正の方向性 ―経緯、趣旨及び今後の課題について―」 青木 丈 先生
12月7日(土) 税務情報交換会・税務情報研究ゼミナール    

▲ページトップに戻る

平成24年

2月16日(木) 2月租税判例研究会 「非課税制度と源泉徴収納付義務」 田村 豊 先生
3月31日(土) 中四国支部総会及び講演会 「情報公開法が開いた国税不服審判所の扉」
「審判所の現状と今後期待される役割」
「審判所は今後どう変わるのか、またどう変えるのか」
「国税不服審判所の中立性と専門性」
朝倉 洋子 先生
山本 洋一郎 先生
三木 義一 先生
権田 和雄 先生
4月20日(金) 「憲法判例を中心とする租税訴訟に関する講演会」 「租税訴訟における憲法訴訟の理論と技術」 戸松秀典 先生
4月24日(火) 第36回研究会 「居住用財産の譲渡に関する納税者勝訴判決の検証 」 山本 英幸 氏
5月9日(水) 税法研究会5月研修会 「税法・行政法・簿記の学び方・活かし方」 山下清兵衛 先生
5月12日(土) 九州地区5月税務情報交換会    
5月28日(月) 5月租税判例研究会 「売れない土地の評価」 窪寺 勝 氏
6月8日(金) 横浜支部研修会

テーマ「課税取消訴訟と国家賠償訴訟の関係」

司会:長谷川博 先生
挨拶:稲葉恭治 先生
講師 櫻井敬子 先生
パネラー:櫻井先生、青木康國 先生、松本元彦 先生、横濱英紀 先生
コーディネーター:船橋俊司 先生
6月21日(木) 第37回研究会 「非公開裁決による全部取消しを検証する」- 付 一体改革の内容 - 山本守之 先生
7月28日(土) 中四国支部夏期定例研修会 「改正国税通則法を巡る諸問題について−更正の請求の改正に伴う論点を中心として−」
「租税法における司法審査基準」
大淵博義 先生
山下清兵衛 先生
8月17日(金) 8月租税判例研究会 「税務調査と仕入税額控除の否認」(平成23年9月13日審判所裁決の検討) 野口 邦雄 先生
8月18日(土)
8月19日(日)
2012年度夏期研修

「不利益処分に対する理由の提示」
「国税通則法改正後の税務調査の在り方」
「今後における更正の請求実務について」
「国税通則法改正の意義」

山下清兵衛 先生
都築 巌 先生
菅原万里子 先生
三木義一 先生

8月25日(土) 近畿支部 第28回研修会 「租税訴訟等に携わる弁護士・税理士のあり方〜判決や法改正の内容から〜」 山本 守之 先生
9月18日(火) 第38回研究会 「広大地の適用要件を検証する」−東京地裁、平成24年6月20日判決より− 守田 啓一 先生
9月29日(土) 9月租税判例研究会 「ご挨拶及び問題の所在」
「学校法人の固定資産税」
「非課税要件の解釈に関する実質主義」
寺崎 修 先生
志賀櫻 先生
山下清兵衛 先生
舘彰男 先
田中 教照 先生
10月6日(土) 九州地区10月税務情報交換会・税務情報研究ゼミナール

「東京都名門ゴルフ場固定資産税減額申請について」
「還付金は相続財産か一時所得か」
「市県民税変更決定処分取消請求事件について」

鳥居誠 先生
森田英三郎 先生
木原敬吉 先生
10月13日(土) 前ハンブルグ財政裁判所所長ヤン・グロテア博士の講演会 「ドイツにおける税務訴訟の和解とADRについて」(ドイツ語通訳) ヤン・グロテア博士
11月27日(火) 横浜支部研修会 「改正通則法で税務調査はどう変わるか?−法令、通達等を検証する」 長谷川博 先生
松本素彦 先生
黒木勉 先生
関谷 隆 先生
田添正寿 先生
池袋一弘 先生
11月29日(木) 名古屋支部総会および研修会 「国税通則法改革の内容と今後の課題」 三木義一 先生
12月7日(金) 12月租税判例研究会 「広島地裁平成24年3月9日 消費税人材派遣スキーム判決」 志賀 櫻 先生

▲ページトップに戻る

平成23年

1月18日(火) 1月租税判例研究会 演題:「堅固な建物の敷地の評価」
場所:弁護士会館10階1008号室
講師:税理士 笹本秀文 先生
コメンテーター :大宮法科大学院大学客員教授 弁護士 山下 清兵衛 先生
1月22日(土) 公益法人課税研究会 演題: 「宗教法人等の課税問題」
(1)宗教法人の墓苑事業の課税問題
(2)公益法人の収益事業の課税問題
(3)最近の勝訴判決等の検証
@宗教法人の指導者への課税事件(平成22年12月納税者勝訴裁決)
A公益法人への消費税課税事件
B回向院事件(地方税法事件)
場所:帝国ホテル東京 17階インペリアルラウンジ アクア
講 師 弁護士 山崎司平、志賀櫻、山下清兵衛
1月26日(水) 近畿支部第22回研修会

場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)7階
題名:「民事再生の税務」 

講師:永島正春 弁護士
2月4日(金) 九州地区 平成23年2月税務情報の交換をおこなう会

場所:A.R.Kビル(アークビル) D会議室

 
3月2日(水) 3月租税判例研究会 演題:「固定資産税研究会を減額させる手続と事例研究」
場所: 弁護士会館10階1005号室
講師:税理士 鳥居誠 先生
3月2日(水) 固定資産税研究会

演題:「固定資産税研究会を減額させる手続と事例研究」
場所: 弁護士会館10階1005号室

講師:税理士 鳥居誠 先生
3月26日(土) 第七回租税訴訟学会中四国支部総会及び講演会

場所:広島国際会議場 ひまわり
講演会  (14:00〜17:00) 
第一部 「租税法とルール・オブ・ロー」 租税法律主義とルール・オブ・ローの歴史と現代社会における意義と機能について(アドバンス・ルーリング及び更正の請求)
第二部  「納税環境整備−平成23年税制改正について−」 平成23年度税制改正における納税環境の整備に関する全体的考え方と個別の項目について

講師  東京大学名誉教授   金子宏 先生
4月4日(月) 第32回研究会

場 所:弁護士会館2階 「クレオA」   
テーマ:「無料優待券等に係る交際費認定判決の検証」

発表者:大淵 博義 教授(中央大学商学部)
4月8日(金) 九州地区 平成23年4月税務情報の交換をおこなう会 場所:A.R.Kビル(アークビル) D会議室  
4月28日(木) 平成23年度IT総会    
5月13日(金) 九州地区 平成23年5月税務情報の交換をおこなう会 場所:A.R.Kビル(アークビル) D会議室  
5月20日(金) 横浜支部春期研修会 場所:横浜弁護士会館5階会議室
テーマ:「税務訴訟と和解」

基調講演:阿部泰隆・神戸大学名誉教授・中央大学教授
パネリスト:阿部教授、山下清兵衛弁護士、菅原万里子弁護士、 訟務検事経験者、長谷川博税理士
コーディネーター:船橋俊司弁護士

6月10日(金) 名古屋支部研修会

場所:愛知県産業労働センター(ウィンクあいち)1003室
テーマ:「民事再生と税務」 

講師:永島正春弁護士
6月10日(金) 九州地区 平成23年6月税務情報の交換をおこなう会 A.R.Kビル(アークビル) A会議室  
6月27日(月) 6月租税判例研究会

演題:「租税訴訟の上告申立方法」
場所:弁護士会館10階1008号室

講師:内田理恵 氏
7月7日(木) 第33回研究会

場所:東京税理士会 税理士会館 2階ホール   
テーマ:「居住者・非居住者の判定と課税所得の範囲に係る判例等の検証」

発表者:税理士 青木優幸
7月8日(金) 九州地区 平成23年7月税務情報の交換をおこなう会 A.R.Kビル(アークビル) D会議室  
7月30日(土)・31日(日) 2011年夏期研修 場所:広島国際会議場
<7月30日>
(1)峰崎直樹 内閣官房参与 「これからの税制の動向について」
(2)山田二郎 弁護士 (当会会長) 「相続をめぐる最近の3つの最高裁判決の検証」
<7月31日>
(1)山田 純也 弁護士、黒住 茂雄 税理士、河野 忠敏 税理士
「相続人が引き継いだ課税処分取消訴訟に係る還付請求権について」
(2) 三木義一 弁護士(青山学院大学法学部法学科教授)
「税務争訟と「不当」判断」 不当を理由としての処分取消裁決の経緯と課題
(3)パネルディスカッション
7月30日
(1)峰崎直樹 内閣官房参与
(2)山田二郎 弁護士(当会会長)
7月31日
(1)山田 純也 弁護士、黒住 茂雄 税理士、河野 忠敏 税理士
(2) 三木義一 弁護士(青山学院大学法学部法学科教授)
8月4日(木) 8月租税判例研究会

演題:「定款による出資金払戻制限と出資金の評価」
場所:弁護士会館10階1002号室

講師:税理士 長島弘 先生
8月5日(金) 九州地区 平成23年8月税務情報の交換をおこなう会 A.R.Kビル(アークビル) D会議室  
8月15日(月) ドイツ税制研究会

演題:「ドイツ租税訴訟制度視察報告」
場所:横浜市中区常盤町4-39 新常盤ビル4階 船橋法律事務所

講師:長谷川博 税理士他
9月9日(金) 九州地区 平成23年9月税務情報の交換をおこなう会 A.R.Kビル(アークビル) D会議室  
9月26日(月) 9月租税判例研究会

演題:「不相当に高額な役員給与」 
場所:弁護士会館10階1005号室

講師:弁護士 田代 浩誠 先生
9月27日(火) 第34回研究会

場所:弁護士会館2階 「クレオA」
テーマ:「財産分与の税務―日米比較からのアプローチ」

発表者:弁護士・公認会計士 大塚正民 氏
10月7日(金)
10月14日(金)
10月税務情報交換会(福岡・東京) (1)福岡会場(10月7日)
A.R.Kビル(アークビル) D会議室
(2)東京会場(10月14日)
東京都中央区日本橋3-6-10くりはらビル二階「会議室のルビコン」
 
10月19日(水) 租税訴訟学会横浜支部 秋季研修会

場所:税理士会館(東京地方税理士会)3階(中会議室)
テーマ:「ドイツの納税者権利保護制度の実情視察」報告とパネルディスカッション
1)報告(担当者)
@ドイツの税理士について(廣川)、 Aドイツ税務行政の概要ーハンブルグ税務局を訪ねて(川股)、 Bドイツ納税者連盟について(稲葉)、 Cドイツ・ハンブルグ財政裁判所の概要(長谷川)、 Dドイツの租税訴訟と弁護士ー我が国の租税争訟のあり方の提言(山下)
2)パネルディスカッション

コーディネーター:船橋支部長 パネラー:視察報告者ほか
10月26日(水) 前ハンブルグ財政裁判長グロテア博士講演会

場所:弁護士会館 1002号室
テーマ:ドイツの税務訴訟について (ドイツ語通訳)

前ハンブルグ財政裁判長グロテア博士
10月27日(木) 租税訴訟学会名古屋支部 総会および研修

講演 (1)「相続法の基本構造」 
(2)「相続税の基本構造」 
(3)パネルディスカッション 「判例・裁決例に見る相続問題の諸相」
場所:メルパルク名古屋

(1)弁護士 加藤睦雄(愛知県弁護士会)
(2)税理士 後藤康史(名古屋税理士会)
(3)パネリスト:弁護士 加藤睦雄/税理士 後藤康史
コーディネーター:弁護士 相羽洋一/弁護士 古矢文子
11月21日(月) 11月租税判例研究会開催

演題:「親子会社の取引価格」 〜専属下請会社からの適正な購入価格 〜
場所:弁護士会館10階1002号室

講師:弁護士 田代 浩誠 先生
11月26日(土) 租税訴訟学会中四国支部冬期定例研修会

場所:アルファあなぶきホール(香川県県民ホール)
第1部 「 最近の裁決例に見る法人税の重要論点」
第2部 「居住用財産に関する納税者勝訴判決について」

第1部講師 税理士 藤曲武美 先生
第2部講師 弁護士 山本英幸 先生
12月9日(金) 九州地区 平成23年12月 税務情報交換会 A.R.Kビル(アークビル) D会議室  
12月21日(水) 第35回研究会

場所:東京税理士会館2階「大会議室」   
テーマ:「遡及立法合憲判決について」−最判平23年9月22日、30日判決の検討−

発表者:税理士 藤曲武美 氏

▲ページトップに戻る

平成22年

1月13日(水) 第27回研究会 場所:東京税理士会 税理士会館 2階ホール   
テーマ:「士業の必要経費算入の可否判断」
発表者:弁護士 関戸勉先生、 税理士 守田啓一先生
1月18日(月) 近畿支部第18回研修会 場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)6階 大会議室
題名:「税務訴訟の代理人・補佐人に就任するにあたって」
講師:兵頭 厚子 弁護士
2月25日(木) 2月租税判例研究会開催 場所:弁護士会館10階1008号室
演題:「宗教法人の非収益事業に関する課税事例について」
講師:大宮法科大学院大学教授 弁護士 山下 清兵衛
弁護士 田代 浩誠
講師:大宮法科大学院大学教授 弁護士 山下清兵衛 先生、弁護士 田代浩誠 先生
3月27日(土) 中四国支部総会及び講演会 場所:東広島大学 東キャンパス302号室
・第6回租税訴訟学会中四国支部総会
・講演会:(13:30〜17:00) 
第一部 重加算税の諸問題
第二部 納税者権利憲章と租税手続きへの具体的反映
講師:島根大学准教授 奥谷健 先生
講 師:弁護士 菅原真理子 先生
3月31日(水) 3月租税判例研究会 演題:「国際租税法の学問領域としての特殊性について」
場所: 弁護士会館10階1005号室
講師:弁護士 志賀櫻 先生
4月7日(水) 近畿支部第19回研修会 場所:大阪弁護士会館2階204会議室
題名:「罪刑法定主義から見た質問検査権 
− 罪刑法定主義と租税法律主義の関係 − 」
講師:原田裕彦 弁護士
4月19日(月) 4月判例研究会 演題:「譲渡所得課税における取得価額の引き継ぎ制度の日米比較」
場所:弁護士会館10階1005号室
講師:弁護士・公認会計士・ニューヨーク州弁護士 大塚正民 先生
4月23日(金) 第28回研究会開催 場所:弁護士会館2階 「クレオ」
テーマ:「更正の請求と税額控除規定」
発表者:弁護士・税理士 山本洋一郎 氏
5月26日(水) 5月租税判例研究会 演題:「連帯納税義務と徴収処分」
場所:弁護士会館10階1005号室 
講師:冠城 豊 氏
コメンテーター:大宮法科大学院大学客員教授 弁護士 山下 清兵衛 先生、弁護士 田代 浩誠 先生
6月8日(火) 6月租税判例研究会 演題:「相続税と所得税の二重課税に関する福岡高裁平成19年10月25日判決の検証」 (一審長崎地裁平成18年11月7日判決)
場所:泉ガーデンコンファレンスセンター ROOM5
講師:税理士 江崎鶴男 先生
6月11日(金) 第29回研究会 場所:東京税理士会 税理士会館2階ホール   
テーマ:「DESにおける債務免除益 ―所得計算の対象となる取引の検討を中心に―」
発表者:岩手県立大学専任講師 税理士 金子友裕 氏
6月22日(火) 名古屋支部 平成22年度夏期研修会 場所:愛知県産業労働センター(ウィンクあいち)1204室
テーマ:「取引相場のない株式に係る適正譲渡価格」
1 取引相場のない株式の譲渡の態様と課税関係
2 取引相場のない株式の評価
税理士 竹本守邦
6月28日(月) 租税特別研究会 演題:「印紙税の法令解釈と課否判定実務」
場所:弁護士会館10階1005号室
講師:税理士 都築巌 先生
7月2日(金) 横浜支部研修会 場所:横浜弁護士会館 [地図]
テーマ:韓国の納税者権利救済制度の実情視察(報告)
@納税者保護担当官制度 A租税不服申立制度の概要 B租税審判院制度 C行政訴訟について D憲法裁判所 E納税者番号制度
講師:視察団メンバー(弁護士・税理士)
7月6日(火) 7月租税判例研究会 検討判例:@「相続税と所得税の二重課税に関する平成22年7月6日最三小判決の検証」 (一審長崎地裁平成18年11月7日判決)
A「賦課処分の取消しを不要とした国賠訴訟判決」(平成22年6月3日最高裁判決)
B「源泉税に関する国と納税者の過誤納金還付請求権」 (平成4年2月18日最高裁判決)
場所:泉ガーデンコンファレンスセンター ボードルーム
講師:税理士 江崎鶴男 先生 他
7月22日(木) 近畿支部第20回研修会 場所:大阪弁護士会館1203会議室 (大阪市北区西天満1丁目12番5号)
題名:「所得の人的帰属と年度帰属 − 統合的・一体的理解の試み − 」
講師:谷口勢津夫 大阪大学大学院高等司法研究科教授
7月24日(土) 中四国支部 平成22年度夏期研修会 場所:松山大学 8号館 844号室
テーマ: 「納税環境整備のあり方について」
―納税者権利憲章(仮称)の制定・国税不服審判所の改革・共通番号制度等について―
基調講演: 「納税環境整備に関する税理士会の意見とその問題点」(山本 守之 先生)
テーマ: 「共通番号制度について」(山名 隆男 先生)
テーマ: 「行政刷新会議の活動について」(青木 丈 先生)
パネルディスカッション パネラー:
基調講演:山本守之先生
テーマ1:山名隆男先生
テーマ2:青木丈先生
パネルディスカッション:山本 守之 先生、山名 隆男 先生、青木 丈 先生
コーディネーター:都築 巌 先生
7月31日(土)
8月1日(日)
2010年夏期研修会 場所:東京税理士会館 2階会議室
1日目(1)午後1時−3時 「税理士からみた税務調査」
1日目(2)午後3時15分−5時15分 「弁護士からみた税務調査」
2日目(1)午前10時−午後0時 「税務調査の法的争点と判例の動向」
2日目(2)午後1時30分−3時30分 パネルディスカッション「税務調査の対応と法的処理」
講師:1-(1)都築 巌 税理士、1-(2)青木 康國 弁護士、2-(1)占部 裕典 同志社大学大学院司法研究科教授
パネラー/都築 巌 税理士、青木康国 弁護士、 占部裕典 教授ほか
9月3日(金) 北海道支部 平成22年度研修会 テーマ:「不動産取引の課税上の問題点」 〜実務と租税法理論との接合部分〜
場所:ロイトン札幌
講師:増田 英敏 先生
9月16日(木) 名古屋支部 研修会 場所:愛知県産業労働センター(ウィンクあいち)1003室
テーマ:「特約年金の相続税と所得税の二重課税」
平成22年7月6日最高裁判決について
講師:税理士 江崎鶴男 先生
9月27日(月) 第30回研究会 場所:弁護士会館2階 「クレオA」
テーマ:「納税環境整備に関する改革の方向性−納税者の権利保護・救済の確立へ向けて−」
発表者:・基調講演: 弁護士 菅原 万里子先生
シンポジウム: 元九州共立大学教授 弓削忠史 先生、弁護士 志賀 櫻 先生、弁護士 菅原万里子 先生(コーディネーター)、税理士 菅納敏恭 先生、 税理士 長谷川博 先生、 弁護士 山下清兵衛 先生
10月8日(金) 九州地区「税務情報の交換をおこなう会」 場所:A.R.Kビル(アークビル) 会議室 
情報交換内容:租税訴訟及び租税に関する研究及びその研究者・納税者間の税務情報
 
10月28日(木) 横浜支部 秋季研修会 場所:東京地方税理士会(税理士会館8階)
テーマ:「長崎年金訴訟についてー最高裁判決の検証と今後の課題ー」
講師:江崎 鶴男税理士
11月1日(月) 11月租税判例研究会 演題:「延滞税の起算点について」(水戸地判平成22年10月1日)
場所:弁護士会館10階1006 AB号室
講師:内田 理恵 氏
コメンテーター:大宮法科大学院大学客員教授 弁護士 山下 清兵衛 先生
11月11日(木) 近畿支部第21回研修会 場所:大阪弁護士会館1203会議室
題名:「清算所得課税の廃止と破産管財人の申告義務」
講師:稲田正毅 弁護士
11月12日(金) 九州地区 11月税務情報の交換をおこなう会 場所:A.R.Kビル(アークビル) 会議室   
情報交換内容:税務情報
 
11月27日(土) 中四国支部冬期定例研修会 場所:プラザホテル 寿 [詳細/iタウンページ]
第1部 長崎年金訴訟について− 最高裁判決の検証と今後の課題 −
第2部 (1) 執行役員の就任・辞任した際の退職金の取り扱い
(2) 弁護士報酬を分割受領する場合の収入の帰属年度
第1部講師:税理士 江崎鶴男 先生
第2部講師:弁護士 牛嶋 勉 先生
12月10日(金) 九州地区 12月税務情報の交換をおこなう会 場所:A.R.Kビル(アークビル) 会議室   
情報交換内容:「税務情報(税制動向と実務)
 
12月13日(月) 12月租税判例研究会 演題:「マンション1棟の購入に伴う消費税の還付請求事件(関東信越国税不服審判所 平成22年11月10日裁決)」
場所:弁護士会館10階1005号室
講師:堀知正行 氏(個人事業主)
コメンテーター:大宮法科大学院大学客員教授 弁護士 山下 清兵衛 先生
12月20日(月) 第31回研究会 場 所:東京税理士会 税理士会館 2階ホール 
テーマ:「非上場株式の価値と評価に関する問題点について」
発表者:税理士 嶋 協 先生

▲ページトップに戻る

平成21年

1月27日(火) 1月租税判例研究会

  演題:「無償・低額譲渡と寄付金課税」
場所:弁護士会館10階1005号室 

講師:税理士 安田京子先生
3月13日(金) 3月租税判例研究会 演題 「臨時所得と一時所得」に関する訴訟事件 
場所 弁護士会館10階1005号室
講師:田代浩誠弁護士・山下清兵衛弁護士
3月28日(土) 中国支部総会・講演会

場 所:広島大学 東キャンパス302号室   
講演会テーマ :第1部「税務訴訟の審理ついて」
第2部「税法解釈の基本問題〜借用概念の解釈をめぐる注目判例を素材として」
第3部「租税回避行為の法的解釈について」

講師:@広島地方裁判所総括判事金村敏彦 先生
A法学博士 専修大学法学部教授 増田英敏 先生
B中央大学商学部教授 大淵博義 先生
4月18日(土) 租税手続法に関するフオーラム 《納税者の権利救済手続きの現状と展望》 テーマ:「納税者の権利救済の視点から租税手続法を考える」
場所:大阪会館
 
4月27日(月) 第24回研究会 テーマ :「誤った課税の是正方法のあり方について」
場所:中央大学駿河台記念館281号室   
発表者:弁護士・立命館大学大学院教授 水野武夫先生
5月14日(木) 第1回国際租税法研究会 シンポジウムテーマ: @「環境税などに関する公正基準の制定」(10分)
A国際租税法の概要と今日的課題(110分)
― 移転価格税制執行に関する公正な基準の確立
― タックス・ヘイブン税制執行に関する公正な基準の確立
共催:国連大学ゼロミッションフォーラム
場所: 国際連合大学 2階 レセプションホール
講演者:@UN LAW理事
A弁護士 志賀櫻 先生(租税訴訟学会理事)
5月26日(火) 5月租税判例研究会 演題:「アドビ事件−納税者勝訴判決に至るまでの経緯と裏話」
場所:弁護士会館10階1006AB号室
講師:山本英幸 弁護士
6月8日(月) 6月租税判例研究会 演題 「詐欺商法による違法収益金の課税問題」
場所 弁護士会館10階1002号室
講師:井口多喜男 弁護士/武谷元 弁護士
6月24日 第25回研究会

テーマ:「広大地(評価)の適用要件を検証する」
場所:東京税理士会 税理士会館 2階ホール

発表者:税理士 守田 啓一 氏
コメンテーター:税理士 岩下 忠吾 氏
7月3日(金) 7月租税判例研究会 演題:「親子会社間取引における適正な価格と寄付金認定(法人税法37条)」
場所:弁護士会館10階1002号室
講師:田代 浩誠 弁護士
7月11日(土) 中四国支部夏期研修会 テーマ: 第一部 調査に役立つ税務判決の重要性
第二部 納税者の申告是認権 −更正の請求と外国税額控除−
第三部 平成22年の改正点の話題と法解釈の背景
場所:[研修会場]香川大学 法学部/[懇親会場]HOTELニューフロンティア 
講師:@税理士 朝倉洋子 先生(理事)
A講師 弁護士・税理士 山本洋一郎 先生(理事)
B税理士 山本守之 先生(副会長)
7月18日(土) 九州支部第1回券集会 演題:@「調査に役立つ判決・裁決の重要性 〜今、注目の最新情報〜」
A 「第二次納税義務告知処分の取消裁決」
B「法の支配にもとづく重加算税の一考察」
C「租税訴訟学会九州支部の役割」
場所:城山観光ホテル サファイアホール飛鳥
講師:@ 朝倉洋子 税理士
A山本洋一郎 弁護士
B弓削忠史 教授
C上村昇 税理士 
8月6日(木) 8月租税判例研究会 演題:「消費税法30条1項の仕入れ税額控除に関する立証責任―租税訴訟における要件事実論の一展開―」
場所:弁護士会館10階1006AB号室 
講師:創価大学法科大学院客員教授・法科大学院要件事実教育研究所所長 伊藤滋夫 先生
8月7日(金) 名古屋支部研修会 テーマ: 「納税法における公正基準を裁判官、審判官、課税庁職員に教示し、納税者の勝訴率の上昇を求める」
@法の支配から導く公正基準
A事実認定における公正基準
B法律解釈における公正基準
場所:[研修会場]愛知県弁護士会館5階ホール/[懇親会場]KKRホテル名古屋
@弁護士 志賀櫻 先生
A弁護士 井上康一 先生
B弁護士 山下清兵衛 先生
8月29日(土)
8月30日(日)
2009年度夏期研修会 8月29日(土)
テーマ:
@ 「税務訴訟において税理士の果たす役割−弁護士と税理士の協働−」
A 「勝訴判決(確定)を得た争訟戦術」

8月30日(日)
B 「分掌変更に伴う役員退職金について  −初めて税務訴訟代理人となる弁護士と初めて補佐人となる税理士−」
C 「税務争訟において弁護士と税理士の協働をどのようにすべきか」
Dパネルデスカッション
場所:グランキューブ大阪 1003会議室
@三木義一 立命館大学法務研究科教授 弁護士
A山田俊一 税理士
B鹿田良美 税理士、清水敦弁護士、伊藤隆穂弁護士
C末崎衛 沖縄国際大学法学部法律学科准教授
9月16日(水) 第26回研究会 場所:東京税理士会 税理士会館 2階ホール   
テーマ:「租税法規の不利益遡及立法に関する提言に向けて」
進行:T 基調講演「租税法規の不利益遡及立法に関する問題の所在」
U パネルディスカッション   
T@〈論点の整理〉講師:税理士 藤曲武美 先生
A〈憲法の視点から〉講師:学習院大学法科大学院教授 戸松秀典 先生
B〈ドイツ法の視点から〉講師:早稲田大学大学院法務研究科教授 首藤重幸 氏
Uパネリスト: 九州共立大学教授 弓削 忠史 先生、弁護士 山田二郎 先生、 弁護士 志賀櫻 先生、弁護士 船橋俊司 先生、税理士 朝倉洋子 先生
10月20日(火) 横浜支部研修会 テーマ:「税務調査の受け方」
場所:横浜弁護士会館
パネラー:松本素彦弁護士、藤村耕造弁護士、 関谷隆税理士、池袋一弘税理士
コーディネーター:長谷川博税理士
10月21日(水) 近畿支部第17回研修会 場所:大阪弁護士会館12階1203会議室
題名:「租税法規の立法手続と不利益遡及立法について」
講師:志賀 櫻 弁護士
11月2日(月) 北海道支部活動報告会及び平成21年度研修会 (1)活動報告会
場所:ロイトン札幌 
(2)平成21年度研修会
場所:ロイトン札幌
テーマ「租税争訟〜審査請求および訴訟における請求人の主張の実務〜 」
〜 国税審判官・訟務検事の経験から 〜
講師:蔵重有紀 先生
11月19日(木) 11月租税判例研究会 演題:「アドビ事件(本邦移転価格税制の問題点)を税理士の目線での検討」
場所:弁護士会館10階1008号室
講師: 公認会計士、税理士 村田 守弘 先生
11月25日(水) 名古屋支部研修及び総会 場所:メルパルク名古屋 3階「サルビア」 
テーマ:「実務に生かす『広大地』の検討」
講師:守田啓一 税理士
講師: 都築巌 税理士
11月28日(土) 中四国支部冬期定例研修会 場所:岡山県税理士会館
第1部テーマ:「広大地(評価)の適用要件を研修する」
第2部テーマ:「国税通則法の問題点とその改革案」
第1部講師:税理士 守田啓一 先生
第2部講師 弁護士 志賀 櫻 先生
12月9日(水) 12月租税判例研究会 演題:「不動産の時価をめぐる税務訴訟の経験から」
場所:弁護士会館10階1002号室
講師:税理士・不動産鑑定士 森田義男 先生 

▲ページトップに戻る

平成20年

1月10日(木) 第19回研究会 場所:東京税理士会 税理士会館 2 階ホール
演題:役員給与税制の検証―条文の問題点を中心にして―
講師: 税理士 藤曲美 氏
1月30日(水) 1月租税判例研究会

演題:@「地方公共団体の収益に対する課税」
A「法人税法違反事件の一部無罪判決」
場所:弁護士会館10階1005号室

講師: @木村光裕氏(市役所税務課担当)
A山下清兵衛 弁護士 
2月25日(月) 2月租税判例研究会 演題@「法人税法違反事件の一部無罪判決から学ぶ所得の帰属認定」
演題A「広島地判平成19年10月26日租税判決から学ぶ義務付け訴訟と不作為の違法確認訴訟の方法」
演題B「東京地判平成18年11月9日輸出免税に関する租税判決から学ぶ手続要件」
場所:弁護士会館10階1005号室
講師:山下 清兵衛 弁護士 (大宮法科大学院教授)  
3月10日(月) 3月租税判例研究会 演題 「実質所得者課税の原則と租税訴訟における法の支配」 
場所 弁護士会館10階1002号室
講師:志賀 櫻 弁護士
4月15日(火) 第20回研究会

テーマ: 「日本の税制改革の主要論点」
場所:東京税理士会 税理士会館 2 階ホール

パネラー:山本守之氏(コーディネーター)、阿部泰久氏、森信茂樹氏、山田二郎氏、藤曲武美氏
4月22日(火) 4月租税判例研究会 演題「税法の不利益遡及立法と租税法律主義
――最近の2つの判決を素材として」
場所 弁護士会館10階1005号室
講師 弁護士 山田二郎 先生
5月23日(金) 5月租税判例研究会 演題「更正の請求の期間経過後の還付請求 東京地裁平成20年4月24日判決」 

場所 弁護士会館10階1003号室
講師 森川文人 弁護士
6月3日(火) 6月租税判例研究会 演題 「所得税更正請求棄却処分取消請求控訴事件判決の検討」 
場所 弁護士会館10階1005号室
講師 黒木貞彦 税理士
6 月18 日(水) 第21回研究会

場所 東京税理士会 税理士会館 2 階ホール
テーマ 「役員分掌変更と退職の事実」

発表者 税理士 平 仁 氏
7月11日(金) 7月租税判例研究会

日時 平成20 年7月11日(金)午後6 時半
演題 「課税要件事実と事実認定:事例研究」
場 所 弁護士会館10 階1005 号室

講師 志賀 櫻 弁護士
9月6日(土)
9月7日(日)
2008年度夏期研修会

テーマ:「税務争訟における証拠収集と立証」
場所:東京税理士会館 2階会議室   

講演者:菅原万里子弁護士、伊藤滋夫創価大学法科大学院客員教授 法科大学院要件事実教育研究所長、山下清兵衛弁護士、山本洋一郎弁護士(講演順)
9月11日(木) 9月租税判例研究会 演題:「土地・非上場株式の評価と租税訴訟−財産評価通達の適否が争われた事例の検討−」
場所:弁護士会館10階1005号室
講師:風岡範哉氏
9 月18 日(木) 第22回研究会

場所 弁護士会館2階 「クレオ」
テーマ 「不利益遡及立法と租税法律主義」

発表者 元東海大学教授・弁護士 山田 二郎 氏
11月6日(木) 10月租税判例研究会 演題:「リースに関する判例を含めた法的な見地からの新リース会計基準・新リース税制の批判」
場所:弁護士会館10階1003号室
講師 自由が丘産能短期大学専任講師 長島 弘 先生
11 月21 日(金) 11月租税判例研究会 演題 「実質主義と法の濫用の法理」−租税回避行為の否認の限界―
場所 弁護士会館10 階1005 号室
講師 税理士 都築 巌 先生
12 月2 日(火) 第23回研究会 日時 2008 年18:00〜20:30 ※前半発表、後半討論
テーマ 「申告納税制度に基づく重加算税のあり方」
場所 東京税理士会 税理士会館2階
発表者 九州共立大学教授 弓削 忠史 氏

▲ページトップに戻る

 

平成19年

1月27日(土) 租税争訟検討会 「国税不服審判所の現状をふまえた手続を検証する」

*パネラー
青木康國 先生
都築巖 先生
長谷川博 先生
細川和憲 先生
山下清兵衛 先生
*コーディネーター
菅原万里子 先生

4月3日(火) 第16回 研究会 「弁護士報酬の収入計上時期をめぐる租税法律主義・ 課税要件明確主義の問題」
松本 素彦 先生
4月7日(土) 創立5周年記念総会・講演会

総会
講演T 「租税法における法の支配」
講演U 「租税争訟と納税者の権利」
講演V 「租税法における課税要件を考える」
懇親会

講演T 山田二郎会長
講演U 水野武夫理事
講演V 山本守之副会長
5月22日(火) 二弁税法研究会
・租税訴訟学会5月租税判例研究会

演題 「株式会社ワットの国に対する損害賠償請求事件 −レンタル・リース取引の検討と事前照会手続について」
場  所  弁護士会館10階1006A号室
講師
株式会社ワット
代表取締役
渡辺 利男 氏
コーディネーター
山下清兵衛 先生
6月28日(木) 第17回 研究会

場 所 弁護士会館2階 「クレオ」
テーマ 「課税要件を検証する(仮)」

講 師 税理士 青木 丈 氏
コメンテーター 税理士 山本 守之 氏
7月19日(木) 7月租税判例研究会 日  時  平成19年7月19日(木)午後6時半
演  題  「損害賠償請求権の年度帰属」平成18年3月23日国税不服審判所裁決ー関裁(法)平17第47
場  所  弁護士会館10階1007号室
講師 長島亮介 先生
8月31日(金) 2007年度夏期研修会 1)午前10時10分から11時10分まで
「移転価格税制度の概要と問題点」弁護士 山田 二郎 先生
2)午前11時20分から12時20分まで
「移転価格税制の執行の問題点とその対応」弁護士 宮武敏夫 先生
3)午後13時20分から14時20分まで
「企業からみた移転価格税制の問題点」 日本経済団体連合会経済第二本部長 阿部泰久 氏
4)午後14時30分から16時45分まで
パネルデスカッション「移転価格税制の問題点とその対応(仮 題)」と会場との質疑応答 
宮武敏夫弁護士、阿部泰久氏(司会者)、
村田守弘公認会計士税理士、三井物産株式会社経理部税務統括室長 佐藤 愼二氏
場 所  弁護士会館 2階 クレオ
講師 山田二郎先生
講師 宮武敏夫先生
講師 阿部泰久先生
パネルディスカッション・パネリスト
村田守弘先生・三井物産株式会社税務統括室長 佐藤愼二氏
9月25日(金) 9月租税判例研究会

演  題  「相続税と更正の請求」
場  所  弁護士会館10階1005号室

講師 江上一雄 氏
コーディネーター 山下清兵衛 弁護士
10月23日(火) 10月租税判例研究会

演  題  「納税者が勝訴した土地の低額譲渡事件」東京地方裁判所平成19年8月23日判決(確定)
場  所  弁護士会館10階1002号室

講師 志賀 櫻 弁護士
10月30日(火) 第18回租税訴訟学会研究会 場 所 弁護士会館2階 クレオ
テーマ 「個別税法間に介在する二重課税問題」

講師 国士舘大学教授 酒井 克彦 先生

12月14日(金) 12月租税判例研究会

演  題  タックス・ヘイブン税制における「外国法人税」
場  所  弁護士会館10階1005号室

講師 志賀 櫻 弁護士

▲ページトップに戻る

平成18年

4月13日(木) 第12回研究会 「士業に対する損害賠償請求事件の検討
−租税に関わる処理をめぐって」
牛嶋勉先生
6月15日(木) 第13回研究会 「任意組合を用いた租税回避行為の否認とその問題点
−平成18年1月24日最高裁判決を 中心にして−
細川健先生
7月22日(土)

7月23日(日)
研修会 「税務争訟における立証活動の実務とその戦略」
井上康一先生
山田俊一先生
山本洋一郎先生
塚原聡先生
小川英明先生

9月22日(金) 第14回研究会 「租税訴訟に役立つ行政法理論」 阿部泰隆先生
12月18日(月) 第15回研究会 減価償却制度の問題点を探る
−経済産業省の中間報告及びNTTドコモ訴訟を素材として−
横山 和夫 先生
山本 守之 先生

▲ページトップに戻る

平成17年

4月28日(木) 第8回研究会 「質問検査権の法的限界」 鶴見祐策先生
6月10日(金) 第9回研究会 「条件付債権放棄と貸倒損失の計上時期
―旧興銀事件が実務に与える影響―」
講師
鈴木雅博先生
コメンテーター
品川芳宣先生
7月2日(土) 争訟技術検討会
「重加算税賦課決定処分を取り消した原 審の判断を是認し、さらに、 更正処分の一部取消を認めた東京高 裁平成16年9月29日判決を題材に、
様々な角度から検討する」
小田修司先生
長谷川博先生
正木洋子先生
塚原聡先生
7月16日(土)

7月17日(日)
研修会 「質問検査権の法的課題
−税務調査の理論と実際−」

鶴見祐策先生
山本洋一郎先生
菅納敏恭先生
青木康國先生

9月20日(火) 第10回研究会 「新行政事件訴訟法の活用
−義務付け訴訟を中心として−」
パネラー
山田二郎先生
水野武夫先生
山本守之先生
山下清兵衛先生
12月22日(木) 第11回研究会

「消費税の仕入税額控除
(帳簿等の保存と提示)
−平成16年12月16日、平成16年12月20 日最高裁判決を中心にして」

中西良彦先生
木島裕子先生

▲ページトップに戻る

 

平成16年

4月15日(木) 第4回研究会 「ストックオプション判決を検証する」 服部 弘先生
菅原万里子先生
6月23日(水) 第5回研究会  「相続税の課税財産を検証する
−借入金の保証料は課税財産か−」
岩下忠吾先生
守田啓一先生
7月 3日(土)
7月10日(土)
7月17日(土)
7月24日(土)
研修会 「租税訴訟の理論と実際」 井上康一先生
荒木慶幸先生
山下清兵衛先生
今村隆先生
9月22日(水) 第6回研究会  「夫婦と所得税
−妻税理士事件判決を手掛かりとして」
今村隆先生
10月1日(金) 争訟技術検討会  「相続財産の範囲を巡って相続人間に争いのある事例を通して申告から訴訟までの方策を具体的に検討する」
青木康國先生
長屋憲一先生
塚原聡先生
岩下忠吾先生
小池正明先生
小林登先生

12月3日(金) 第7回研究会  「情報公開請求でみる
国税不服審判所のあり方」
講師
朝倉洋子先生
コメンテーター
大渕博義先生

▲ページトップに戻る

平成15年

6月12日(木) 第1回研究会 「嘆願書と税理士損害賠償責任」 藤曲武美先生
7月19日(土)
7月26日(土)
8月 2日(土)
研修会 「事例で学ぶ租税訴訟手続」 福田光博先生
井上康一先生
9月25日(木) 第2回研究会 「納税者勝訴判決」 青木康國先生
牛嶋  勉先生
菅納敏恭先生
12月5日(金) 第3回研究会  「交際費の課税要件を検証する 
ー萬有製薬事件を素材としてー」
発表者
山本守之先生
コメンテイター
後藤正幸先生

▲ページトップに戻る

 


HOME |インフォメーション | 活動報告 | 会員サポート | 入会案内 | リンク |お問い合わせ 

Copyright (c) 2006 Sozei Soshou Gakkai